太陽光発電

2011年以降、日本における太陽光発電システムの市場は急激な拡大をしています。東日本大震災により、国民の意識が変化し安心・安全なエネルギー供給の確立が求められ、再生可能エネルギーの中の1つでもある太陽光発電システムは特に注目されています。

産業用と住宅用の違いは?

太陽光発電において、産業用、住宅用と呼称されることがありますが、明確な基準はなく、概して10kW以上のものを産業用、10kW未満のものを住宅用と呼びます。産業用は2012年7月1日スタートした、再生可能エネルギー固定買取制度により20年間、定額での全量買取制度を受けられますが、国等からの補助金はありません。一方、住宅用は国等からの補助金を受けられますが、余剰電力については固定買取は10年間しか受けられません。以下に、大まかな違いを示します。taiyoukou01

住宅用

ソラリス喜入では10年前から太陽光発電システムの施工販売を行っており、様々なメーカーの太陽光発電を様々な屋根に設置してきました。そのノウハウを元に、お客様の住宅に合った、最適な発電プランをご提案いたします。
お気軽にお見積りのご依頼を頂ければ、屋根の形状から面積を算出し、
 1.どのメーカーのどの商品が最適で、どの程度設置出来るのか
 2.設置費用総額はいくらになるのか
 3.補助金はいくらもらえるのか
 4.毎月の発電量、売電料金の予想金額はいくらになるのか
 5.毎月の支払に対してメリットがどうなるのか・・・など
上記を全てプランニングし、お見積書及びご提案書を持参のうえ、弊社スタッフがお伺いし分り易くご説明させて頂きます。

taiyoukou02